マッサージ時に痛い・・・

マッサージをするときには様々な痛みを感じるときがありますね。

 

お肌やその下にあるお肉に刺激を与えることですので、多少の痛みがあって当たり前ですが、中には注意すべき痛みもあります。

 

まず、心配ない痛みはどのようなものなのかというと、例えばフェイスマッサージの時に、少しこりこりした箇所があり、鈍い痛みや痛気持ちいい感じがする場合です。

 

これは、その場所が凝っていたりツボがある場合に感じる痛みです。

 

毎日マッサージを続けることでだんだん軽減していきます。

 

肩こりをもんでもらった時に感じる痛みと同質のもので、肩こりが解消されていくと痛みも和らいできます。

 

リンパマッサージの時に痛みも同質のものです。

 

悪い老廃物に刺激を与えて排出する過程で起こる痛みです。

 

ただ、凝りだからといって力任せにゴリゴリとマッサージしてしまうのはNGです。

 

痛気持ちい程度で続けましょう。

 

注意すべき痛みの一つ目はジェルの量が少なすぎてお肌に負担がかかっているときに起きる摩擦による痛みです。

 

摩擦刺激はお肌にとっていいものではありません。

 

シミやたるみの原因になってしまいます。

 

特に乾燥肌の方は多めにジェルを使用し、なめらかに滑るようにマッサージしてください。

 

二つ目は最初にも少しふれましたが、マッサージを頑張りすぎるあまり、適切な強さを通り越して、過度に力を入れてマッサージしてしまっている場合に起こります。

 

ご自身が血持ちがいいと感る強さが適度な強さです。

 

あせらずマッサージタイムを楽しみながら続けてください。

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ